睡眠時無呼吸症候群用マウスピース

睡眠時無呼吸症候群用マウスピースイメージ
睡眠時無呼吸症候群について
無呼吸症候群用マウスピースイメージ
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば睡眠時無呼吸といわれています。睡眠時の状態になかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいるとされており、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があります。
睡眠時無呼吸症候群は様々な要因があるとされていますが、睡眠時無呼吸症候群用マウスピースを寝る前に装着することで睡眠時の気道確保を行い、睡眠時の無呼吸状態を改善するマウスピースとなります。
症状改善の仕組み
無呼吸症候群用マウスピースイメージ

睡眠時無呼吸症候群を改善するためには睡眠時の気道を確保する必要があります。
無呼吸症候群用マウスピースイメージ

マウスピースには固定式と可動式のマウスピースがありますが、写真は固定式のものになります。このように睡眠時でも気道が確保されたマウスピースとなります。
睡眠時の無呼吸を改善する仕組みについて、写真のようにマウスピースを少し受け口(あごを突き出した形)にし、少し口の開いた状態で固定することで、睡眠時でも口からの呼吸が出来るようになります。
水難事故などでマウストゥーマウスを行うときなども、初めにあごを前に出した状態で気道を確保するように、睡眠時の気道の確保を行うマウスピースとなります。
製作から納品までの流れ
マウスピースの製作からお渡しまでの流れは以下の通りとなります。
マウスピース製作が可能なお近くの歯科医院をご紹介させていただきますので、選手の方には歯の型を取りに行っていただき製作開始となります。
歯の型を取ってから、マウスピースの製作を開始し約1週間~2週間程度でオリジナルのマウスピースが完成します。
お客様の普段ご利用なさっている歯科医院でも対応可能な場合がございますので、まずは一度当社までお問い合わせください。
Step1
お近くの歯科にて印象採得(歯の型を取ります)を行います。
Step2
歯の形にぴったり合わせたマウスピースの製作を開始します。
Step3
パッケージングした後、歯科にてお客様へ納品いたします。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ